スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年33冊目「滅びの遺伝子山一證券興亡百年史」 

滅びの遺伝子 山一證券興亡百年史滅びの遺伝子 山一證券興亡百年史
(2005/06/10)
鈴木 隆

商品詳細を見る

読み物として大変よくできていて、
手元に置いておいて損は無い内容です。
山一が飛んだのも結局は損切りが出来なかったからで、
それが出来ればやはり投資は儲かるんだなぁと思った。

初期の社長、太田収の母方の祖父の弟は見廻組の佐々木只三郎だそうな。。。
スポンサーサイト

[2008/05/20 23:12] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whywhyworld.blog65.fc2.com/tb.php/867-736668cf






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。