スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これであなたもプロ棋士に 

http://www.shogi.or.jp/osirase/060526meijin.html

編入試験制度が採択されました。
瀬川さんの時のようなプロ試験と三段リーグ編入試験の2つです。

編入制度答申書 A
1 プロ試験
・現在のプロ公式棋戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士に対し、希望によりプロ編入試験を行なう。・試験方法は、棋士との5番勝負。試験官は新四段5名を棋士番号順に選出する。
・ アマが3勝2敗以上で合格。フリークラスに編入できる。

2 三段リーグ編入試験
・過去一年間のアマ6棋戦(アマ竜王・アマ名人・朝日アマ名人・アマ王将・・赤旗名人・支部名人)優勝者は、希望により三段リーグ編入試験を受けることが出来る。

試験方法
・受験者を二段扱いとして、奨励会二段(場合により初段も含む)と対局。8局指して6勝2敗以上で三段合格。
・合格者は三段リーグ参加資格が与えられ、年齢に関わらず最長4期(2年)まで在籍が可能。・在籍中の二段降段は退会となる。勝ち越し延長も認めない。
※1・2とも、受験者からは相応の試験料を徴収する



1の方は5番勝負と瀬川さんと比べてややきつめになりました。まぁ、勝ち越せばいいので、妥当なとこだと思います。しかし、その前にプロ棋戦で10勝以上かつ勝率6割5分を挙げないといけない。それもまた厳しい。そう考えると、現実的には2に皆挑戦するんじゃないでしょうか。アマチュアからプロ棋士が続々誕生するのか、それとも三段リーグの壁は厚いのか。どうなっていくのか楽しみですね。ぼくも一生を捧げたら…いや、捧げても無理だな。
スポンサーサイト

[2006/05/26 23:50] 将棋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whywhyworld.blog65.fc2.com/tb.php/31-d6ffed3c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。