スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/12読書 

国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉 / 司馬 遼太郎
・90%光秀視点で描かれています。正月光秀主人公の時代劇をテレビでやるみたいなので、いい下勉強になりました。
馬上少年過ぐ / 司馬 遼太郎
伊達政宗を取り上げた「馬上少年過ぐ」他7編収録です。幕末の方が短編には合ってる気がしました。短い時代を取り上げるので。

名将に学ぶ人間学―人望力 なぜ、この人のもとに「有能な人」が集まるのか 名将に学ぶ人間学―人望力 なぜ、この人のもとに「有能な人」が集まるのか
童門 冬二 (2006/09)
三笠書房

この商品の詳細を見る
様々なエピソードを交えて説明してくれていたけれども、それが今の社会にそのままマッチするかというと・・・
ラクして成果が上がる理系的仕事術 ラクして成果が上がる理系的仕事術
鎌田 浩毅 (2006/05)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
著者は火山学者かつ文筆者と二足のわらじをはいてる人です。前半部分は生活全般に活きそうな内容でしたが、後半は文章の書き方だったので僕にはあまり…ブログがんばります。
若者はなぜ「決められない」か 若者はなぜ「決められない」か
長山 靖生 (2003/09)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

今騒がれている(もう終わったか?)ニート問題から3年前の著書。若者がんばらんとあかんで~といった頑張ればなんとかなる感じの主張。と、まだ結構楽観的でした。
歴史認識を乗り越える―日中韓の対話を阻むものは何か 歴史認識を乗り越える―日中韓の対話を阻むものは何か
小倉 紀蔵 (2005/12)
講談社

この商品の詳細を見る
右にも左にも偏ることなく、これからは国際貢献というセンターを歩むのが大事なんだそうです。朱子学の解説は難しすぎて、一度では理解できませんでした。全体としては概ね読みやすかったです。
スポンサーサイト

[2006/11/12 11:57] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whywhyworld.blog65.fc2.com/tb.php/222-f11c1565






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。