スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【将棋】禁断の手はやはり禁断だった 



鈴木大介の中飛車本に相振りの場合は、
銀がにょきにょき出て行ってぶっつぶす感じで載ってたけど、
そんなんで勝てるんなら将棋滅んでますわ・・・ってことで浮きます。

39手目 禁断。この手を指していい思いをすることはありません。
      なんで指したんでしょうね?ここから脳髄を振り絞ることに。
      ぼくが相手の人より時間使うなんてめったにないことなので。

50手目 飛車ぶつけられるのをうっかりしてた。

相手の桂馬は労せずド急所まで効いてきて、ぼくの桂馬は定位置。
これでいい道理がありません。

63手目 5五馬が先手で効いたのは運が良かったとしか・・・

ひたすら辛抱が続きます。

92手目 これは有難かった気が。

101手目 堅陣になった上に、馬が急所に効いたので逆転の予感。

122手目 銀じゃなくて金打ってたらどうなってたんだろう?
       色々と考えてみたけど、勝ちが見えないので明日に続きます。
スポンサーサイト

[2009/10/25 02:16] 将棋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whywhyworld.blog65.fc2.com/tb.php/1410-86f2f459






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。