スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

古本屋のメリット 

一番のメリットは、本の価値がわかってないとこ。
発売された年月で価格が決められるから、
貴重な本でも古ければ100円なんてザラにあります。
逆に買い取って貰う時は、5円が相場ですけどね・・・

今日も色々と仕入れてきました。
人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る

書店では、どこでも平積みにされてるベストセラーですね。

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
(1998/11)
板倉 雄一郎

商品詳細を見る

時代を先取りし過ぎた企業ハイパーネットの社長さんの本。
一度読みたいと思っていたので手に入って良かった。

デリバティブの落とし穴―破局に学ぶリスクマネジメントデリバティブの落とし穴―破局に学ぶリスクマネジメント
(2004/05)
可児 滋

商品詳細を見る

ベアリング銀行、オレンジ郡の仕組債、LTCM、エンロンなどなど・・・
デリバティブはリスク回避のために作られた金融商品にもかかわらず、
なぜ悲劇は繰り返されるのか??興味津々な内容です。

こういう本が、ただ同然で手に入るのだから古本屋通いはやめられません。
スポンサーサイト

[2008/12/06 22:07] まぁ適当に | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whywhyworld.blog65.fc2.com/tb.php/1147-b4c2e7cb






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。