スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ株で勝てないのか?その3 

「ブームに乗る人、落ちる人」
ブームというのは、それが叫ばれたときには、
頂点の直前か、頂点を過ぎたものだと考えるべき。
というのが僕の持論でして。

2,3年前にムシキングが大ブームになりました。
親と一緒に(むしろ親の方が熱心だった家庭も)大行列。
1枚100円という高価さを持っていながらも、
昆虫採集の概念を取り入れ、非常にコレクター性の高い
ゲームになっていました。
当然、貴重なカードは高値で取引されます。
このとき、市場人口が多ければ多いほど高値がつくわけで、
ピーク時には結構な商売になったんではないかと思われます。
今でもヤフオクを覗くと2、300円で取引されてるのがありました。

また、去年爆発的に売れたニンテンドーDS。
老若男女問わず、誰しもが捜し求めていた時期がありました。
その時も、オークションなどでは定価以上の値段がつきました。
ぼくは旧DSを所有しているぐらい昔に買ってたので、
全くといっていいほどブームとは無縁でしたけど。

さて、この2つのブームからわかることが2つ。
1、個々の商品(カード)に人気の差がでるということ。
レアカードには数十倍の値がつくように。
2、時期によって中身は変わらないのに商品の価値が変わること。

株の世界は、1と2が組み合わさってるといえます。
他にも色々な要素があるとは思いますが、とりあえず。
で、ブームの時に手を出したがために、上の例では、
行列に並ぶという時間を無駄にし、
定価より高い値を出すという愚を犯してしまうのです。
(お金の面での例えであって、
それ以上の楽しみを得ているはずですから、
行動そのものを否定しているわけではありませんよ)
まぁ、ムシキングやDSは一定以上、
価値が下がらないというのが救いどころです。(あ…PS3)

が、株はそうはいきません。
頂上付近で購入してしまったら、
あと待っているのは下り坂。損失がうまれます。
それがわかっていながらもブームに乗りたい!
と思ってしまうのが人間の怖いところ・・・

長々と書いてきたので、
次回はこの続きからということで。
スポンサーサイト

[2007/04/30 23:19] 株の話 | TB(0) | CM(0)

なぜ株で勝てないのか?その2 

実際に現金のやり取りをする取引の前に、
仮想トレードでやってみる、という人も結構いると思います。

が、このゲームが案外曲者なんじゃないかと。
別に損するわけじゃないのだから、
普段以上の勇気を発揮するわけです。
だから、ぎりぎりまで張ってこれだけ儲けた♪ってのが、
しゅっちゅう起こるかと思われます。
逆に損した場合でも、現金が無くなるわけじゃないから、
記憶に残りにくい。てか、残らないと思う。

それで、どうなるか・・・
株って案外簡単じゃん、という危険思想に覆われるわけです。
(まぁ、実際簡単なんですけどね)

けど、本当に儲けたいなら
小額でもいいから実際に口座を開いてやるべきです。
集中の度合いが違ってきます。
仮想トレードでいくら勝った経験があっても、
まず同じように勝てる人は0に近いはず。
心を揺さぶる要素が半端じゃなく違ってくるから。

というわけで、
仮想トレードは株のルールを覚えたらやめときましょう。

続く
[2007/04/29 02:23] 株の話 | TB(0) | CM(0)

なぜ株で勝てないのか?その1 

今年も5月暴落はやってくるのかな?
とワクワクしながらGWを過ごしております。
しかし、今年はダウが13000ドル超えたりしちゃって、
2月暴落も順調に乗り越えたみたいだから無さそうですね。

すると、日経平均も夢の20000円台復帰しちゃったりするのか?
と想像してみると・・・行きそうにないなぁと感じてたり。
だって、いざなぎ景気を超えた今の景気指標は、
下っ端社員の給料を削りに削って無理やり上向かせてるんですからね。
どこかできっと齟齬が出てくるに違いない、はず。

まぁ、世の中がどうなるかは置いておいてですね、
株をやるからには儲けないといけない。
儲けるためには負けなければいいということで、
なぜ損をしてしまうのかをここしばらく考えてみようと思います。
普通に取引してたらこれほど簡単なゲームは無いんです。

株の世界は9割の人が負けるなんてよく聞きますが、
都市伝説だと思ってるんで。

続く
[2007/04/28 23:27] 株の話 | TB(0) | CM(0)

WiiでZooKeeperをやってみた。 

去年か一昨年にはまったZoo Keeper
Wiiリモコンを使ってやってみました。

マウスに比べて直接ポインタを当てる分操作感良し。
ミスもずいぶん少なくなるような気がします。
うちのテレビが悪いのかなぜかスコアが表示されないバグ?
まぁ、レベルをこなしていくゲームなので気になるほどでもないか。

夏まで期待のゲームが出ないので、
Wii用のオンラインゲームで遊んどきます。
[2007/04/28 12:11] Wii | TB(0) | CM(0)

2007年24冊目「熱風大陸」 

熱風大陸―ダーウィンの海をめざして 熱風大陸―ダーウィンの海をめざして
椎名 誠、山本 皓一 他 (1991/05)
講談社

この商品の詳細を見る


水曜どうでしょう、オーストラリア縦断の中で
ミスターが参考書として所持していたのを見ていた僕。
いつかこの本を読みたいと思ってたところ古本屋で発見。
椎名さんはどうでしょう班とは逆に南のアデレードから
北のダーウィンへというルートを辿りました。
まぁ、どちらにしても過酷な旅には違いないのですが。
巻末には19世紀未開の地へと入っていった
バーク探検隊の顛末も載せられていて、お勧めです。
[2007/04/25 01:07] 読書 | TB(0) | CM(0)

2007年23冊目「新橋烏森口青春篇」 

新橋烏森口青春篇 新橋烏森口青春篇
椎名 誠 (1991/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

新入社員として会社に入社したのは小さな出版社。
そこでの日常が様々なエピソードを交えながら、
淡い恋が実る?ところまでが描かれた青春(私)小説。
椎名さんの本は、ぶっちゃけてくれるから良いですね。
[2007/04/25 00:56] 読書 | TB(0) | CM(0)

木村由姫 - i -crossin' the star- 


Best Selection Best Selection
木村由姫 (2001/11/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

懐かしいですねぇ。かなり好きでした。
振り付けがパラパラってのが時代を感じさせますね。
[2007/04/25 00:33] Youtube | TB(0) | CM(0)

2007年22冊目「日本相場師列伝」 

日本相場師列伝―栄光と挫折を分けた大勝負 日本相場師列伝―栄光と挫折を分けた大勝負
鍋島 高明 (2006/11)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る

たまたま本屋さんで見つけたんだけれども、
夢中になってむさぼり読みました。
将棋界からは小菅剣之助が取り上げられてます。
そういや、王座戦で四日市行ったときには、
毎回この人の話を聞かされたような気がしないでもない。

これは僕にとって一生ものの本になりそうです。
[2007/04/24 21:41] 読書 | TB(0) | CM(0)

2007年21冊目「バブルの時代」 

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ
エドワード チャンセラー (2000/04)
日経BP社

この商品の詳細を見る


人はなぜ過ちを繰り返すのだろうか?
それほどまでに欲深き生き物ってことなのかね。
まぁ、誰しもそんな失敗するわけないじゃんって
思ってるわけですが、いざその場に居合わせると、
狂気に飲み込まれてしまうんでしょうね。
ぼくはきっとこの本を読んだから暴落に巻き込まれることはないでしょう。
[2007/04/23 21:58] 読書 | TB(0) | CM(0)

2007年20冊目「殉死」 

殉死 殉死
司馬 遼太郎 (1978/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

乃木希典といえば、軍神。軍神といえば乃木。
というぐらい神格化されたこの人物。
実際の戦闘能力の点ではだめだめだったようです。
なぜ殉死という道を選ばなければいけなかったのか?
司馬史観が光る作品になってます。
[2007/04/22 22:54] 読書 | TB(0) | CM(0)

2007年19冊目「親より稼ぐネオニート」 

親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち 親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち
今 一生 (2007/02)
扶桑社

この商品の詳細を見る

まぁ、ネオニートっていっても
その分野ではトップを走ってるわけですから。
とにかく何でもいいから頑張れば報われる、
ってことがわかる内容になってます。
[2007/04/22 21:40] 読書 | TB(0) | CM(0)

CM 

羽生さんがコーヒーのCMに出ている。

将棋棋士がCMに出たのは何年ぶりだろうか?
僕の中では同じく羽生さんの公文式のCM以来な感じである。

で、今回のCM。
将棋を知ってる人なら羽生さんは一目でわかったはず。
当たり前だけれどぼくもわかった。そこまでボケてない。
けど、女流棋士役を伊東美咲がやってたとは…
さっき「勝手に将棋トピックス」に紹介されてた
記事を読むまで全く気付かず…ショック。

ネスカフェ 匠 香煎造り 現金100万円プレゼントキャンペーン
まぁ、軽く100万当てて見せますよ。
[2007/04/22 00:54] 将棋 | TB(0) | CM(2)

2007年18冊目「ハーケンと夏みかん」 

ハーケンと夏みかん ハーケンと夏みかん
椎名 誠 (1991/03)
集英社

この商品の詳細を見る

最近、椎名誠をよく読みます。
「~もんね」調は原田宗則が最初じゃなかったんだ、なと。
[2007/04/16 23:41] 読書 | TB(0) | CM(0)

2007年16、17冊目「歳月上・下」 

歳月〈上〉 歳月〈上〉
司馬 遼太郎 (2005/02)
講談社

この商品の詳細を見る

歳月〈下〉 歳月〈下〉
司馬 遼太郎 (2005/02)
講談社

この商品の詳細を見る

江藤新平が主人公。
教科書では、佐賀の乱の首謀者ってことだけでしかでてきませんが、
下野するまでは司法省でめちゃ活躍してたんですね。
歴史は勝者によって作られることがよくわかりました。

[2007/04/16 23:30] 読書 | TB(0) | CM(0)

65期名人戦第1局 



気づいたら名人戦の季節です。
ネットがないと、この辺の情報が全然わかりませんね。

さて、今年は森内-郷田という新鮮な組み合わせ。
森内名人にとっては、永世名人がかかった大事なタイトル。
棋王位を取られ、調子が今一歩かもしれませんが、
踏ん張って防衛してもらいたいところです。
[2007/04/16 18:07] まぁ適当に | TB(0) | CM(0)

光速流 

光回線になりました。
またバリバリ更新していきます。
[2007/04/15 20:24] まぁ適当に | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。